読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐりとぐらのがオススメ♪

おすすめ
(左ページに絵、右ページに大きめの文があり、見開きで1ヶ月分です。楽しいぐりぐらの1年間です。息子だけではなく私も大好きな絵本です。

下記の商品です♪

2017年02月17日 ランキング上位商品↑

ぐりとぐらのぐりとぐらの1ねんかん [ 中川李枝子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

ただ、シリーズの本よりも大きくてちょっと扱いにくいです。絵もかわいいし!文章が多すぎず!寝る前の読書にぴったりです。一年と言う月日の概念が何となく分かりかけている4〜5歳にちょうど良い内容と言う感じです。この絵本を何度も見ていて!○月の数字が気になるようで!いつのまにか数字を覚えていました。でもその大きさをいかした絵のかわいさと細かさで、納得という感じでした。子供は気に入って眺めています母の通う病院で出会ってから!ぐりとぐらはお気に入り。他のシリーズに比べてひとまわり大きいので!寝ながらの読み聞かせはちょっと重いです(笑)ぐりとぐらは子どもが大好きです。娘はまだ小さいので読んでも?という感じですが、キャラクターを指差しては何かしゃべっています。クリスマスプレゼントとして渡しました。2歳と3ヶ月になった今では、とても良くしゃべりますが、1歳の頃に読んでいた内容を思い出したのか、突然最近読んでなかったぐりとぐらの内容を、とても嬉しそうに話し出します。年末に読むと「さぁまた来年頑張ろう」って気持ちになれるかも。他のシリーズ同様!言葉にリズムがあるので!何回か読んであげるとだいぶ覚えてしまいました。意外に書店だと在庫切れやあっても背がよれてたり状態が汚いから購入する気しなくてネットで購入しましたが早くて良かったです!絵が力が入っていていつもより描き込みが丁寧で綺麗で素晴らしいものでした。年末に買ったので!ちょうど12月で終わって「よいお年を」というのも時期にあっていてよかったです。今では、ぐりとぐらシリーズの絵本がいっぱいです。私は月ごとのお話がたのしいです。ポイントたまったら買うようにして3冊目。お話のフレーズが、いろいろなところで韻を踏んでると言うか、リズミカルと言うか、コミカルと言うか、何回読んでも楽しい気持ちになります。3歳の子供が、「○月」というのを気にするようになったので買いました。その月ごとに綺麗なイラストと文章になっています。プレゼントとして準備しました。通常のぐりとぐらより値段がはりますがプレゼント本に良いかもですね。大きくなって!読めるようになるのが楽しみです。2歳の息子は、1歳にになりたての頃からずっと、ぐりとぐらの愛読者です。最初は!遊びながら聞くだけでしたが!何回も読み聞かせるうちにドンドン集中して聞くようになり!1歳半頃には!絵本のフレーズを片言で話せるようになりました。)ぐりとぐらシリーズの絵本を集めています。こちらは1月から12月までの移り変わりがリズミカルな言葉と絵で描かれています。4歳の娘へクリスマスプレゼントに買いました。ちょっと前に子供にセットであいうえおと123本を購入しましたがすっかり気に入りスラスラと暗記してしまいました。通常のグリグラシリーズよりもかなり大きいです。本のサイズが大きいので、そのぶん絵も大画面であれこれ見ながらお話できて楽しいです。1月から12月まで、その月の季節感が存分に味わえて楽しいです。自分が見て雰囲気が気に入ったので!1歳5ヶ月の子供に購入しました。少し大きめのサイズでいつもの横長ではありませんが!いつもより書きこんである絵が素敵です。本のサイズが思ったより、大きかったです。こんなに読み込みが早いならと思い前から気になっていた1ねんかんを購入しました。海外在住で!普段は日本の季節を意識することがないので嬉しい内容です。子供とともに大人も心が安らぐ絵本なので!とてもお勧めです。。無理強いしない知育絵本といえると思います。そのまま額装したいくらい♪1月から12月そして最後の1ページへ…。絵本の定番ですが間違いありません!一年、季節を通して ほんわか和みの雰囲気も味わえるし、各月が数字で書かれているので、なにげなく【かず】の勉強にもなります。一年のスタートとして、年明けに読が良さそうでう。また、作者の方と絵の担当の方は姉妹というベストコンビネーション。ぐりとぐらの絵本より少し大きいので見ごたえもあります!が少ししまいにくいかな。ぐり〜の絵本は沢山ですが、こちらもお勧めの一冊です。サイズ間違ったか!?と思う位大きくてびっくり。毎月毎月読みたくなります。兄弟で一つの仕事を手がけているからこそ素晴らしいものが出来るんですね。子どもは、本の大きさが違うことにすぐ気が付いて、「大きなぐりとぐらだね」と、にこにこ。